巧建築企画トップページに戻ります 巧建築企画業務内容のご案内 巧建築企画建築実績のご案内 巧建築企画会社案内 巧建築企画-建築日誌ブログ
   関連情報
    会社概要
    アクセスマップ
    スタッフ紹介
 
Home業務内容  (1)外断熱工法のススメ (2)内断熱と外断熱工 (3)RCB外断熱工法
 内断熱工法と外断熱工法の違い

居住部だけに視点をおいた内断熱工法

  日本では居住空間の温度を安定させることに視点をおき、多くの建物が、内断熱工法をとってきました。そのため、RC造りの建物では、構造体や防水部へのヒートストレスが大きくなり、クラックを生じさせたり、防水層の劣化を早める結果になっています。そのことが、雨水の浸透や塩害の浸食など、建物の寿命に大きく関わる影響を与えています。そのため、継続的に補修が必要となり、建物の維持に大きなコストがかかってしまいます。
また、構造体に侵入する熱や冷気の影響を受け、居住空間も狙い通りに温度が安定しているとは言えず、温度を一定に保つために、エアコンなどの冷暖房のコストが継続的にかかります。
外断熱工法
内断熱工法

建物全体に視点を置いた外断熱工法

  一方、外断熱工法は、建物全体の温度を一定に保つことに視点を置いた工法です。建物全体を断熱材で包むことにより、構造体へのヒートストレスがなく、コンクリートのクラックの発生や防水層の破壊を防ぐことになり、最終的に建物の寿命を長持ちさせることができるのです。
また、外気温の影響も内断熱と比較して極端に少なく、快適な室内温度環境を実現できます。

外気温が低いとき、内断熱では、構造部が外気の影響を受けて冷えていますが、
外断熱では、構造部も安定した温度であることを示す実験結果です。
 





 

建築コーディネートRCB外断熱工法土地活用プランリフォーム入札・分離発注プロジェクトの流れ
Worksギャラリー(実績)よくあるご質問 会社概要スタッフよりアクセスマップLINK集建築日誌BLOG
株式会社 建築企画  会社案内   Site Map  
〒153-0051 東京都目黒区上目黒1-16-11 秋元ビル3F Tel.03-5725-3340  
Copyright (C) Kou Architect Ltd.All Rights Reserved.